ナンパはじめて1か月で童貞卒業!?

どうも、改めましてスマイルです。

ナンパを始めてから1ヶ月。
結果から申しますと、

非モテドルヲタ童貞な僕が
想像以上に早くセックスを体験してしまいました!

いや〜ありがとうございます。
これも色んな方の応援や支えがあって叶えられました。

その方達が自覚してないとしても僕は勝手に支えてもらっていました。

本当にありがとうございます!

今回、お相手して頂いた子は残念ながらナンパで会った人ではありません

不安要素など一つもない。
ほぼ勝ち確のヌルゲーではありました。

しかし、ナンパに出会ってなければ、

その子に話しかけていなかったし、
連絡先も交換できなかったし、
電話もできていなかっただろうし、
デートを決めることもできていなかったのは事実です。

ナンパと出会えなければ、
こんな早々に女性と交わすなんてありえなかったです。では本編へどうぞ。

童貞がナンパのチカラを借りる

彼女とは同じ大学の講座で知り合う。

第一印象は恐い…

・目が細くて、狐みたいだし。
・声のトーンも明るいわけではない
・キツめなイメージをもっていた

ナンパよりはハードル低いはずでも
手に汗を握り話しかける。

しかし自分がショボすぎて、
その日は会話をしあうとこまで発展しなかった。

次の週、遅刻をした。
授業が終わる15分前てとこだ。

たまたま彼女の隣が空いていた。
今度は彼女から話しかけてくれた。

「もう授業終わるよ?w」

「え、もうそんな時間?」

「うちも10分遅刻してきたけどね」

「なんだ変わんねーじゃん笑」

「いやいやいやw」

言い合える関係を構築できた。

次の講座もたまたま一緒だったので90分ずっと話していた。
それで彼女のだいたいのことがわかった。

・人見知りで自分から話しかけることができないこと
・今まで共学でも彼氏ができていなかったこと
・大学生になるまで6キロ痩せたこと

笑いながら愉しませるよう喋っていた。
LINEも交換して。その夜、電話をしデートに誘った。

「かき氷また食べに行きたい、友達と前に行ったんだよね」

「いいね、かき氷!行こっか!」

「いつ空いてる?」

「来週の昼いける」

「来週かー、昼空いてない・・・」

「マジか、夜は?」

「夜なら空いてるけど、夜にかき氷?w」

「じゃあ焼肉行っちゃう?」

「でもなー太っちゃうし」

「米食わなきゃ、太んないよ」

「ほんとに?なら行こっかな」


5月1日。
個人的にも行ってみたかった焼肉屋。

焼肉屋の最寄りの駅で18時半に待ち合わせ。
彼女は予定より15分遅れて駅に到着。

お金が1000円しかないと連絡がくるものの
童貞卒業のために全てを許すことにした。

仏スマイル

「ほんとごめんね!?」

「まあ今度返して貰えればいいよ!腹減ったし、はよ行こ!!」

これは意地でもセックスしなければ!!

ナンパしたて童貞の焼肉デート

焼肉屋に到着。

肉のバリュエーションが豊富で選ぶのに戸惑う彼女。
だがこちらはそのこともリサーチ済み。

何を頼むか、どの順番で、どの肉を食べればいいのかを頭に入れてある。彼女の要望にも答え、食す。

ハフーーーン!!

「すごい美味しそうに食べるね笑」

「幸せだね^^」

デートの最中。
深い話、下ネタ、元彼の話などは一切していない。

授業のときに十分すぎるほど話してしまった。
下ネタはしてなかったけどw

あとは彼女が抱いているデート前までの僕のポイントを下げなければ大丈夫。信頼残高は貯まっているはずだから。

だから話す内容は最近の状況、
次は何の肉を頼むか、彼女のダイエットについてくらいしか喋っていない。

もしテクニックがあったのであれば、
共通する大学の授業の話をして同じタイミングで飲み食いしていたただそれだけ。

予定より1時間も長居してしまった。
久しぶりの焼肉が美味しすぎたのもあるが、彼女の食いっぷりが凄かった。

米を抜いていたのもあっただろう。

ついに童貞卒業!?

お互い満腹になり、店を出る。

「外寒っむ!!」

「そんなに?」

「ほら、こんな手冷たいし」

そのまま手繋ぎ。とくに抵抗もない。

女の子と手を繋いだなんて、いつぶりだ?

アイドルとは握手をしていたが、手を繋ぐとなると、小学生のときに先生から強制的に隣の列の女の子と繋いだことくらいしか真面目にないのではないか!?

あー興奮してきた!

デートの前に、チンコが萎えるのではないかと思ったが、童貞には関係なかった!!

「口さっぱりさせたいから、アイス買お」

「いいよー」

繋いだ手はメトロノームのようにブンブン振る。

僕は110円のバニラアイスクリーム、彼女は抹茶のハーゲンダッツ。

価格差なんて気にしたら負け。コンビニから出て今度は肩を抱く。

特に抵抗もない、もう何してもいいんじゃないか?

「アイス食べたいし、カラ館で1時間潰そう」

「そうだね」

「まだ終電余裕でしょ?」

「うん・・・」

「何眠いの?」

「眠いww」

「食いすぎw」

「うっさいw」

そして、カラ館in !!!

デート前にあらかじめ会員登録はさせておいた。

少しでもスムーズに事を運びたい。

部屋に移動するエレベーターの間も肩を抱いていて、彼女の胸が右の肋骨部分にあたる。

もう待ちきれない!!

だが焦ってはならない、必死さが伝わってしまえばキモくなる。

部屋に入って、ふぅーと彼女と僕はソファに座り荷物を置いてから一緒にトイレに行くことにした。

男女別のトイレで、男は3階。女は4階。何故か個室の女子トイレまで案内することになり、

「ちょっと待ってて」

ガチャっと鍵を閉められ、女子トイレの前で待つ。僕も用を済ませたい。

トイレしたい。できれば一緒にそのままトイレに入っておっぱじめたかった。

2分後、結局自分はトイレに行けぬまま彼女が出てきて元の部屋に戻る。

熱が冷めていないだろうか?

それだけが心配でならない。頼んだドリンクがくるまで和む。

そして改めて乾杯し、アイスの封を開ける。

「うまっ」

「ねー」

「そっちのも頂戴よ」

彼女は抹茶のハーゲンダッツを僕に渡そうとする。

「いやそっちの方じゃなくてさ」

決まるか?

僕のファーストキス。唇ってこんなに柔らかいんだな。

目をつむって口先に集中する。

キスってこんな楽しいもんなんだ。。

「めっちゃバニラ味だね」

「恥ずかしい//」

「今度は口開けてて」

今度は彼女の抹茶ハーゲンダッツを口に含みディープキス

舌のザラつきがエロさを掻き立てる。相手の舌を吸ったりする。

AVみたいwww

くちゅくちゅ、ちゅぱっ♥

「やっぱ抹茶うめえ」

彼女の顔が火照っている。

「酔ってんの?w」

「酔ってな…んっ//」

ちゅぱっ

「初めて?」

「初めてではないよ」

ん、あれ?

彼氏いたことないとか言ってなかったっけ?

まあいいや笑、そいつ以上に楽しませよう。

「なあどこまでキスできるかやろう!」

「ええ!?、、わかった。。」

10秒くらいキスをする。

しかし僕の鼻炎が原因の鼻詰まりで口でしか呼吸ができない。

鼻が空気を作ろうとスンスン鳴る。
ブフォッ!!

「もうっ!!w」

「ごめんw鼻がww」

「耳鼻科行ってきなよー」

「つい先延ばしにしちゃうんだよね」

「ほんとありえないw」

「あのさジャンケンして負けたら脱ごうぜ」

「えー」

「はい!ジャンケン、ぽんっ!」

スマイル→チョキ

彼女→グー

「マジかw恥ずいわ〜、電気消そw」

そして彼女の脇を手で持ち上げて僕のひざに乗せる。

「じゃあ服着ながらブラだけ外そっか」

ブラを外そうとするものの、童貞なんで外し方知りませんwwww

「ん?ホックだよね??」

「そうだよ」

「外れないんだがw」

「嘘でしょ?w」

「もういいや、はいバンザイしてバンザーイ!!」

服を脱がして、その服をポーイ。
ブラも外させてポーイッ!

ついにお出まし!これがオッパイ!!

カップは何だ?Bか!?Cか??

そんなことはどーでもええ!いただきまーす!!

彼女の髪を後ろからキスしやすいよう左肩に流して、キスしながらオッパイを揉む。

もみもみ。。うーん、、柔らかいっちゃ柔らかいけど。

ガッツリ揉むとシリコンみたいな固いとこあるな。

乳首に移行。コリコリ…w

「やだ~//」

そしてまたキス。

「あっ、、」

「どうした?」

「今、人通った」

そうだった、ここカラオケだった。

「よし奥に移動しよう」

そして僕はズボンを下ろし彼女のベルトをはずし手ブラに下着姿にさせる。

パンツ越しから触り。そのまま正面から手マンする。

んー…なんだこれ?こんなんじゃ喜ぶはずない。虚しい。つまんない。何かしながら手マンしてあげたい。

「なんかこのままは恥ずいよな?」

「うん」

「俺も何やってんだろて思うし、後ろからするわ!」

彼女の背後に周り。キスをしながら、左手では胸を。

右手で下を触る。そして中指を膣に入れる。

ほうほう。湿っぽい感じはあるな。

これが普通なのか?

濡れてる基準がようわからない。いろいろ調べてみるか…

できれば正面から確認したいが感覚だけを頼りに気持ちいいとこを探ろう。

ヌチョヌチョ。。

んーここでもないか、、もっと奥はどうだ?

ヌチョヌチョ。

おっ!?ザラついたとこがある!

「・・・」

あれ?ここでもないのか。

「気持ちいいとこあったら教えて」

「うち気持ちいいとかよくわかんないんだよね」

「え?自分でイジったりしない?」

「イジっても、気持ちいいとは…」

「イク感覚とかまだ無い?」

「なんかオシッコとかウンコが出そうな感覚は知ってる」

「ウンコww」

「うんww」

「オシッコは分かるけど、ウンコはわかんないw」

「なんか、チョロっとウンコが出てくるみたいな」

「なんだそれw」

僕が下手くそというのもあるが、
もしかしたら彼女は不感症なのかもしれない。

これはイカすという使命を神様から与えられたのではないだろうか、そう考えると、俄然ヤル気が出てきた。

この子と付き合って沢山セックスして上達しよう。おっぱいは揉み飽きたので、別のところを揉むことにした。

次はお腹を揉んでみた。彼女のお腹は二段腹。。

ぷにぷに、、あれ?

オッパイより柔らかいじゃん!!

「ちょっ、お腹やめて//」

「おっぱいよりいい」

「触らないで!//」

「マジでいい腹してる」

「うっさいw」

姿勢維持するのがだんだん辛くなったので、一旦やめて別の体位に変更。

「どうしたらいい?」

「何が?」

「うち、あんま詳しくないから何したらいいかわかんない」

「俺も初めてだからな」

「嘘だ〜」

「いやホント、じゃあとりあえずチンコ舐めよう」

「やっぱり?」

「このまま舐めんのはグロいと思うからトッピングするか」

「え?」

机にあるアイスクリームをチンコに垂らす。

「これならいけるっしょ!w」

「えーw」

「じゃあ俺もしゃーなしで舐めるね」

そして自然と態勢は

『シックスナイン』

マジマジとアソコを見つめる。
暗いからよくわかんないけど舐めたくない。

グロイ。。

手に持っているアイスクリームをアソコにちょいっと付ける。

「きゃっ!」
「えい!!」
「もうっ//」

アイスクリームのおかげもあったのかお互いに舐めまくる。

ペロペロ。彼女は手コキもしながら、フェラをする。

こっちもアイスクリームを通してクンニをする。

最初はバニラの味がしたが、だんだん鉄に近い味がした。

このときは夢中で考えてなかったけど、ついさっきオシッコしてきたんだよな…

そして、カラオケの画面を見ながらこれ自分イケるのか?と思い始めた。

部屋の前まで来て覗こうとしている女を見かけたが気にしないことして、感じているか意識をチンコに向けた。。

大丈夫。ちゃんと感じれてる。ん?

「あっ、、」

イッタアアアアアアアアアアアア!!!

意識向けすぎたww

「うおっ、、」

「イったね笑」

「すげーw」

ソファに座りなおし、すぐポケットからコンドームを出してつける。彼女は股を開いている。

よっしゃいくぞ!!

チンコ→(;^ω^)しょんぼり

オーーーイ!!!ここでヤれずにいつやるっていうんだ!!

彼女に手コキをしてもらうも勃たず。
童貞卒業ならず!!

「まあ、あと1時間あるし元気になるまで歌おう」

「えーー」

「ごめんなー、俺だけ満たされちゃって」

「ホントだよー。てか人通るから服着よw」

「うんw」

その後、性交することはなく。二人でカラオケをするだけ。

さっき部屋を通りかかった女がドアを開けて此方をガン見してくるというハプニングがありつつ。

なんやかんやで楽しめた。

翌日の予定もあり、互いに早く帰る必要があったのであえなく退店。

手を繋ぎながら狭い道を歩いてく。

中学のとき、僕は好きな子が目の前で狭い道を彼氏と二人で手を繋いで歩いているとこを見かけてしまった。

あの時は泣くほど、悔しかったし、悲しかった。

それが今ではどうだろう。好みのタイプではなくても、手を繋ぐどころか体を交わすことさえも成し遂げられた。

もうあの頃の僕とは違う。

見てる側ではなく、参加している側なのだ。

もし今日抱いた彼女に惚れている人がいたら僕は嫉妬される立場になるのだ。

ただ他人からどう認識されようが僕の方針は変わらない。

こんなもんじゃ満たされない。こうしてセックスはしても、ナンパはし続ける。
もっと先へ進みたい。

ナンパで女性を愉しませながら進んでいきたい。

一回一回を大事に決して無駄にしないように目の前の女性を幸せにしてあげたい。

エゴだが会ってよかったと思わせたい。 

これからの子に良い意味で〝忘れられない”存在になる。

これが僕の理想像だ。

彼女には感謝しかない。
未熟な僕を受け入れてくれてありがとう。

また新たな一歩を踏み出せた…気がするw
彼女は僕にとって最初の子。

おいおい彼女とは縁を切るかもしれないがそれまで大切にしよう。

そうして彼女の手をギュッと握る。

「あのさ」

「何?」

「今更だけど元気になったわw」

「もう最低w」

手をつないでいる時が一番興奮した。


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です