北乃きい似のぽっちゃりOLとハッケヨイノコッタ!!

6月某日
朝の11時に目が覚めると雷電さん(@raiden_nanpa)からラインが…

ブログ:『ナンパ素人の雷電が凄腕サイボーグ忍者になっていく物語』

「今日14時から獅子でやる予定だけど!」
コンビナンパ師に目覚めている僕が断る理由はない。
「わかりました!行きます!!」

そして雷電さんと新宿で合流。

だが昼に2人組で歩いている女の子は数少ない。

「いないなー」

「そうですね」

30分くらい街を歩き回りつつコンビナンパ。

雷電さんはちゃんと相手を楽しませて話しかけていない方にもちゃんとフォローしつつ声掛けの時点で「握手しない?」とか「手繋ごうよ」と言うことで堅いのかどうかを判断するテストクロージングというのを使っていた。

なるほど、その手があったか!と。。

学べることはトコトンまで真似なきゃ。まだまだ学ぶことは多い。多すぎる。

そして時刻は17時
雷電さんはそのまま新宿でストをし、
僕は帰ってネトナンしようとした。

まあ18時までならストするかとなり
スト値7の女の子に声掛け。

※イメージ

「こんにちはー」

「…」

「服ワンサイズ大きくないですか?w」

「あっはい、そうですねw」

「そうですよね、間違って買ったみたいな」

「そうゆう訳じゃないですけど」

「いやーもう眼鏡とか鬼ファッションセンス高いじゃないですか」

「あははwありがとうございます」

「これから友達と遊ぶ的な?」

「あっ彼氏がいるんで…」

「へー!彼氏いいっすね!!
なれそめ聞きたい!何年くらい経つ?」

「1年ですかねー」

「へー今は学生ですよね」

「あっ、はい。高校生です」

「あっ…高校生なんすね」

「はい」

「なるほど、じゃあぜひ彼氏と頑張ってください!まあ頑張るのもオカシイか楽しんで!」

「あっ、はい。ありがとうございます」

「はいよー」

え、ただの良い奴じゃんwww

うーんてか、18歳いった高校生なら抱いていいのかな?
どうなんだろ…ちょっとドリランドにラインで聞いてみよう。

ス『高校生の18なら大丈夫やっけ?』

ド『大丈夫!即ってこい!!』

ス『やべ放流しちまった』

ド『もったいねー(笑)
どこでやってる?』

ス『新宿、いま渋谷?』

ド『うん渋谷』

おっ!これはコンビいけっぞ!!

ス『行く』

ド『おっけ!軽くストって待ってるわ』

そして18時半。
渋谷ロフト前で合流。

最近調子がいい彼、
この波に僕も乗っかりたい。

新宿よりかは2人組が多いので、
反応が悪ければ早いタイミングで放流する。
つい粘りがちな僕とは違うスタイルで
サッサッと声掛けして数で攻めていく。

コンビナンパして1時間半経つも、
なかなか連れ出しまで行かない。

お互いのテンションが下がってきた。
渋谷センター街のファミマ前で、
酒飲んでモチベを上げていく。

休憩後の2声掛け目したところ。

胸の谷間を見せたエロい大学生と

※イメージ

北乃きいに脂肪を腹周りにつけたようなOL

※参考

から反応が取れた。

大学生の方がスマホの充電がなかったみたいで、
ちょうど相方ドリランドがバッテリーを持っていたので大学生に貸す。

ナイス!これで話す時間が稼げる!!

からのビタ止めトーク。

相方が「30分だけカラオケ行こうよ」とスマホの充電を兼ねて打診。
大学生が「30分だけならいいっか」と打診が通る。

歌広場カラオケin!!

座る順で自然と相方は大学生を担当。
自分はOLを担当することになった。

大学生は仙台から渋谷に来ていて、
6年制の薬学部に通っている。
OLはその同級生でまあ普通に大学卒業してIT系の会社に就職していた。

開始10分で無理やり
恋愛トークに持っていく。

大学生のほうは20歳年上の人と付き合ったことがあるらしい。

OLのほうはというと特に元カレの事情は明かそうとしない。

ス「最近の男運は?」

OL「ないねー」

ス「職場内とかもないの?」

OL「うん、恋愛対象として見れないんだよね」

ス「あービジネスパートナーみたいな」

OL「そう」

ス「じゃあ今は彼氏いないんだ」

OL「うん…」

会話全く続かねえwwww


そして虚しく終わりの時間がやってきた。
店から出て駅とは逆方向へと誘導していく。

ス「俺、手めっちゃ冷たい触ってみ?」

OL「ほんとだw」

そっから手をつなごうとしたが解かれる
で、ですよねーwwww

OL「なんでそんな手冷たいの?」

ス「血が通ってないんじゃない?w」

OL「なにそれw」

ス「あっ見て、あそこにお茶漬けの看板がある」

OL「お茶漬け食べたい!」

ス「おっ、じゃあせっかくだし食べにいくか!二人で」

OL「うん、いいよ!」

ねえ~いいよね!

・・・えっ?手繋げてないのにっ!?

OL「あっでも。
ちょっと待って、友達に確認してくる」

ス「あっ、ちょま…」

この展開は誘いが断られるのでは?

だが通る!!

アイコンタクトで即ることを
ドリランドと誓い合いセパ成功。

「ていうかまず飲み足りないのよね」

「じゃあコンビニでお酒買って落ち着いた場所で飲もう」

「コンビニでお酒買うの?」

「うんw」

「何か学生みたいだねw」

できるだけホテル街の近くの
コンビニに移動して酒を購入。

コンビニ出てからの手繋ぎ。
1度目のセパする前は手を解かれてしまったが、
今回は成功。

よっしゃ!この調子でホテル打診するぜ!!←調子乗りすぎておかしくなってます。

「このお酒どこで飲むの?」

「ちゃんとした所」

歩道の端にある花壇みたいなとこを
指さしながら

「あそこらへんで座れるよね?」

「おれ潔癖症だからムリだわ」

「ちゃんとしたとこ?」

「うん」

こりゃイケるぞ!!

そしてホテル街へ…

「ここ来たことあるかもー」

「そうなん?」

「うん、なんか見覚えある」

ナンパされてワンナイトの経験あんのかな?
そして当たり前かのようにホテルへ入ろうとするも、OLは止まる。

「え?」

「え?」

「いやないないない」

「何が?自分エッチな想像してない?」

「いやムリ」

「ここで酒飲むだけじゃん、30分」

「ほんとムリ」

「いや今日、金玉家に置いて来たから」

ブンブンと首を振る

「じゃあ何かするかと思ったら帰っていい」

「しないわけないもん」

「だからその時は出て行ってもらって俺が全部払っとくから」

そしてホテルの中に入れようと
手を引っ張り合う。

 

グイッ!!

身体ごと持ってかれるwww

一昨日、スクワットしすぎて
踏ん張れる力なんてありません!!!!!

情けねええwwwww

「力強っ!w」

「いかない」

「…」

スト缶をカシュっと開け。
その場で飲まれる

「あっ、、」

つづき→『in渋谷 北乃きい似のぽっちゃりOL~PART2~』 


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です