渋谷で元ホストとコンビで声かけ

どうもスマイルです。

前回の続きとなります。

クレイジージャーニーで昆虫食が気になって食べてきたったww

昆虫を食べ終わり、
ナンパしようと渋谷に向かい
お腹いっぱいにしたせいか
MODIで1時間の仮眠を取る。


すると気づけば18時に…

MODI前でnattiさんと
待ち合わせをしてコンビナンパ。

ス「お久しぶりです!」

N「久しぶり!」

ちなみにnattiさんを軽く紹介しますと、

・ついこないだまでホストで働いていた

・性病にかかりチ〇コが死にかけた

・ブログがスゴく面白い

・いろんなコンプレックスを抱えていた

・背が小さく(160センチ)

・童顔でイケメン

・賢者タイムがない

↑もっと気になる方はコチラから

ファミマの前でお酒を飲み、
地蔵トークして。

タメ口で話せる関係に。

コンビでナンパしてたら、
途中はぐれてしまって。

nattiさんがモンスターズインクの
緑の目ん玉の棒みたいな

気持ち悪いのをナッチさんが
2つ持って帰ってきたので、、
(配られているのをナンパ
していた女から貰ったよう)

それを共有トークに使う。

それから声かけしていく。

この目ん玉、
意外と反応がいいかも!?

3組目に金沢から来ている
女2人をオープン。

餃子があってビールも安いということで
nattiさんオススメの居酒屋に連れ出し。

そして、
女A「今まで何してたの?」
という会話になった。

ス「いや昆虫を食べるイベントがあってー」

女A「昆虫!?」

「おうw」

女A「え、どんなの食べたの?」

「いや食事中だしいいよ聞かなくてw」

女A「いいよ、いいよ尚更、気になるじゃんw」

「えーっと、コオロギとかバッタとかハチノコにセミ」

女A「セミ!?」

「うんwわりと美味いよww」

女B「へー」

「あとねセミの幼虫も美味しくて
好きなんだけどバッタはマジで良かった。

エビだった」

女A「うっそ?エビ!?」

「エビ、エビww茹でたら赤くなる、
動画とってあるし見る?w」

女A「見る見るww」

そしてスマホで撮った
バッタが鍋に入れられている
写真をみせる。

女A「ほんとに真っ赤だ!!」

N「すげー!ww」

女B「ホントだ!!キモッww」

ス「なら見なきゃいいのにーw」

そして頼んだ餃子が出てきて。

女B「早く食べよ食べよー!」

ス「まあ落ち着けって、いやーでも普通の料理が一番いいね」

女A「え、やっぱ昆虫そんなに美味しくなかったの?」

ス「いや餃子と違ってさ、
生きたコオロギとか
まじ食材逃げてくからw」

N女A女B
「ゲラゲラ(爆笑)」

正直、昆虫食の話だけで1時間いけました。

そして僕は20歳という
経験の浅さから
舐められることが
多々ありますが、昆虫食によって
かなり助けられますw

例えば、こんなトーク。

女B「え?20歳なの?わっか!!」

ス「そうそうwでもぶっちゃけ年齢とかどうでもよくない?」

女B「えーー」

ス「だってさ、30歳だったとしても
しょーもない大人って割りといるじゃん」

女B「うんw」

ス「30年生きてても昆虫食ってないじゃん?w」

女B「たしかにww」

ス「まずは昆虫食べてからだよねw」

女B「wwwww」

ス「要は、どれだけ経験するかだよね」

女B「まあねー」

それでさっきより小さい声でコッソリと、

ス「まあ酒の飲み方とか
まだまだ
経験不足なので
そこんとこは教えてください先生」

はい、この最後が重要ですね。

あるのとないとじゃ全然、印象変わりますからねw

偉そうに語っていることで、
女の子の心中では

「でたでたw何でも知ってますよーアピール」

と少なからず思われています。

しかし、素直さ謙虚さを
ちゃんと見せることで

「コイツ自分の立場ちゃんとわかってんのなオイ」

と思わせるのがメインです。

それで最後の「先生」と言うことで
女側の母性本能をくすぐるようにしています。

ぶっちゃけ、まあ効果があったらいいなー程度です。

まあ昆虫食に参加すると、
まさかという場面でこのネタが使えます。

ただマジで引かれる場合も
ありますので、
軽いジョブ程度で
試して話せそうなら
使って行けます。

笑いや経験不足によって
舐められそうなときは、
ぜひ使ってみて下さい。

ていうか昆虫食イベントに
参加してみてくださいw

P.S.

家でゴキブリを見つけたとき
新聞紙でパンッ!と潰すのは
もったいないから

ティッシュで捕獲して揚げて
食べようかと思いましたが
タンスの奥に逃げてしまいました。

まだ食材がタンスの奥で眠っています。

P.S.S

実は以前に対談動画なんかも撮っていますw


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です