クレイジージャーニーで昆虫食が気になって食べてきたったww

お久しぶりです、スマイルです。

えー9月9日たしか土曜日に
高田馬場で「昆虫食イベント」があったので参加してきましたw

だいぶグロイので閲覧注意で、、

昆虫食の前の日にビッグボスが企画していたサバゲー童貞も卒業しまして、

AV男優、ナンパ師スマイル、読者さんでサバゲーやってきました!

そこで会った、

あげ彦さん(@nishisupao)

とわざわざ京都からやってきたTさん。

そしてビッグボスと4人で参加することになりました。

ノリがいい人はやっぱ好きですねw

なんで興味もっちゃったのコイツ?

もともと昆虫食には前から興味がありました。

ニコニコ動画で「カメ五郎」という方がいまして。そのひとはテントと小刀と塩、大きいカメ(非常食)だけ持っていき

サバイバル生活していました。
(ときどき入院してますw)

それでバッタ食ったら「エビだ…」と
言うんですから、お腹減りますよね?(笑)

まあそれは昆虫食に興味を持った
キッカケにすぎず、、、

決め手となったのは
「クレイジージャーニー」という
ぼくが毎週のように見ている
唯一の番組です。

そこで出てきたのが、

「昆虫食愛好家の愛さん」

わざわざ海外まで飛び出して、
カマキリやセミ、ゴキブリ、カブトムシを食べに行くのですから中々やりますよねー。

それで愛さんがナナフシをチョコレートにかけて、ポリポリと食べているのを見て、
「いいなー美味そう…」と思ってしまったが世紀末。

そして、愛さんの口から

「クレイジージャーニーのおかげで昆虫食イベントにきてくれる方が多くなった」

それを聞いた僕は、

「え!?そんなイベントあったんだ!」

と思ったわけですね、はいw

「でも山奥でやるだろうし、山梨とかになるのかなー」

と思いながら、調べてみたら
ところがどっこい東京のわりと近場でやるっていうw

しかも、来週にそのイベントがやるっていうもんですから。

「これは行くしかないだろ!!」と予約しました。

とは言っても、
さすがに一人で行く自信はなかったので
ビッグボスを誘い、そしたらいつのまにか4人に増えてましたw

ここから閲覧注意※

そして当日。
入る前から何だか怪しい雰囲気。

グーグルマップを閉じて
後ろを振り返ってみても

ここしか見当たらない…

ドキドキしながらドアを開けると、
そこには既に仲間がいて説明を受けていた。

参加している人数は
ざっと20人くらい。

年齢層は20代~40代で、
ぼくらに共通することと言えば
それは好奇心旺盛ということ。。

店の雰囲気は、
「千と千尋の神隠し」に

でてきそうな感じで何とも入りにくいw

さっそく料理に取り掛かる。

ハチの巣のハチ子を
ピンセットで抜く作業。

プリッとしていて気色悪いが慣れるw

見た目がグロテスクな
「さくさん」と呼ばれる
蚕のさなぎの状態のヤツ。


匂いも独特で、
好きになれそうになれない。

そしてセミの群衆のぐつぐつ煮。。

バッタはエビだと言うが、マジでエビ。

茹でたらだんだん赤くなっていく。

生きてるコオロギを捕獲して、

沸騰している鍋に入れて。

逃げたコオロギを必死に捕まえようと
オスの狩猟本能が目覚めた瞬間である。

そしてなんやかんやで料理は完成。

昼飯を食べていない僕は、
すでにお腹ペコペコ。

しかし料理された昆虫を
いざ食べると思ったら、
やはり抵抗があった。

「マジか…今からこれ食うのか。」

そして皆で手を合わせて

「「いっただっきまーす」」

眉をひそめながら、
セミの幼虫パクリ…。

「おっ?意外とイケる!!」

そして次々にコオロギ、スズメバチ、
イナゴ、コオロギ、セミと食していく。

サクサクしてご飯に合う合うww

ふりかけみたいwww

だが、サクサンてめえだけはダメだ。

↑さくさん

 

そして最後にとっていたバッタもパクり…

「んん!?マジでエビだ!!」

いやーマジ感動。

まさか体験する日がくるとは思わなかった。

ミネストローネスープに炊き込みご飯と
昆虫の唐揚げたち美味しく頂きました。

面白かったし、楽しいし、
なかなか美味いのが集まっていて
満足度の高いイベントでした。

4人はそこで解散して、
ぼくは渋谷へ向かいナンパしに行きます。

まさか昆虫食が役立てるとは
このときは思いもよらなかったのです。。

続く・・・


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です