LINEテクニックおすすめ7選!今日から使えるモテる男の特徴とは?

どうも恋愛が仕事であるスマイルです。

今回はモテる男のLINEテクニック、特徴について、今日から実行できるおすすめ7選をあなたに紹介したいと思います。

モテる男性がいかにLINEして脈ある女子を生み出しているのか気になりますよね?

うまくLINEを使って女性の心を汲み取ることができれば、狙っている女性を彼女にすることもできます

もしかしたら、その恋が成就してお相手と結婚する可能性も…。こりゃLINEが苦手な人には必見ですね!

ではではモテる男性はどんなLINEテクニックを使って女子と連絡しているか解説していきます。

モテるLINEの中身はシンプルだった

【漫画】ワンパンマンから

同じく僕も非モテだった頃、

「文章て、長いのと短いのどっちがいいんだ?」

女子からLINEが来る度に、うーーんと一向に解決せず時間にして、30分悩んでいました。

結論から言いますと、会話のように短く分かりやすく伝えることが一番重要なポイントです。

なぜなら女性はダラダラと長文が来ると、「この人めんどくさいな」「私も長文で送んないといけないのかな?」と、返信するハードルが無駄に上がります

なので、簡潔に伝えるのであればスタンプを送るのも良いですね。

モテる男性のLINEの特徴は?【イヴイヴ】

ただ動画を参考にしてスタンプを過度に使うのは辞めましょう。

とにかく大事なのは、相手の返信するハードルを下げることです。僕も長くても3行以内で収めています。そうすることで男らしさをアピールできます。

こう言うと、「短ければいいのか!」と思うかもしれませんが違います。

「そうだな」

「それなー(笑)」

「わかるわー」

こういったテキトーな返事をしてはいけません。

女性に嫌われる男性のLINE【イヴイヴ】

少しですが動画内の女の子も言ってますね。

(この人、私の話に興味なし…?)

こういった印象をもたれてしまい既読スルー、未読、挙句の果てには返信がこないというNGのサインが出てしまいます。

必ずLINEでも話題を拾ってあげて深掘りしていきましょう。

言葉から意味の深堀りで本音を引き出す

スコップで穴を掘るイラスト

具体的にどう会話を深堀りしていくかと言いますと、例えば女の子がLINEのやり取り中、自分にとって超興味のない話をしてきたとします。

例えば、次のLINEトークはモテない男性の例です。

女「今日、パンケーキ食べに行ったんだよねー」

非モテ「そうなんだ!美味しかった?」

女「うん、美味しかった!」

非モテ「そりゃよかった」

女「まあねー」

チンパンジーの赤ちゃん

(え、もう終わり…?)

女性はもっとパンケーキで話したいことあったはずですよね。2ラリーくらいで終わらすのは非常にもったいないです。

もっと深堀りしていきましょう。僕であればこうLINEします。

女「今日、パンケーキ食べに行ったんだよねー」

男「そうなんだ!美味しかった?」

女「うん、美味しかった!」

男「けっこう混んでたんじゃない?」

↓YESの場合

女「めっちゃ並んだ(笑)」

男「みんなインスタ映えに必死すぎ(笑)」

↓NOの場合

女「ううん、全然すいてたよー」

男「なにその穴場みたいなとこ知りたい!」

ちゃんと展開が広がるように話を深掘ることが大切です。これは日常の会話でも同じですよね。

深堀りして仕事の悩みや本音を引き出せれば、好感度は一気に増していきます。そうすれば、後はあなたの好きなようにうまく持っていくだけです。

ちなみにスイーツなど食べ物系だと、「どんなパンケーキ?写真みせてみ」と女性から画像を送って貰います。

そのあと自分が別の美味しそうな食べ物、グルメの画像を送って、

抹茶のパフェ

「これとか美味そうじゃない?」と誘導してLINEでランチのデートに誘うのも一つの手法ですね。

女子との会話中で重宝する褒める方法

照れる女性

まず褒められて、気分を害する人はいません。また女性は褒められるのが大好きな承認欲求の強い生き物です。

しかし童貞だった僕は、「褒めたら気持ち悪い男に見られるのではないか…」と心配したり、普段から褒める経験をしていないため照れ臭くて出来ませんでした。

モテない男性はなかなか好意を持って褒めることをしません。褒めるのが死ぬほど下手くそです。だからこそ周りがなかなかしない褒める行為、アピールは強烈なのです。

だからといって安易に褒めればいいものでもなく、「褒め」がショボいと逆に媚びた感じになりキモくなります。

またLINEで褒めるにしても気をつける点があるのです。何も考えずに褒めてはいけません。

「かわいいよね!」「めっちゃ優しいよね」と他の男性と同じ褒め方を選んでしまうと、女性からしても「あっ、どうも…」くらいにしか思われません。

「この人も周りの男と大して変わらないなー」と褒めても何も刺さらずに終わります。

ではどうLINEで褒めればいいのか?

前提として、人は言われ慣れていないことに対して価値を感じます。これを踏まえれば大丈夫です。

僕は体が細いので、「男らしいね」「頼もしいね」なんて言われたら死ぬほど嬉しくなります。きっと女性から「カッコいい」なんて言われたら大抵の男は嬉しく思うはずです。

従って、”褒められて嬉しいとこ=あまり人から褒められない所”になります。女性の見た目が整っていれば、見た目以外の長所を褒めるべきですし、自分の見た目に自信がない人なら見た目を評価する必要があります。

女子のファッションを媚びずに褒めテク

例えば、LINEのトプ画で女性がおしゃれな子だと判断できた場合。また女の子は服を褒めると喜びます。

赤いコートを着たおしゃれな女性

男「トプ画のコート(服装)いいね」

女「ね、これいいでしょ!」

男「本当センスいいよね、メンズないかな?」

女「メンズはどうだろ~」

男「探せばありそう(笑)てか似合ってるな、マジで本人?(笑)」

女「たしかに!いや本人だわ(笑)」

読んでいて褒めていたとしても媚びてる感はないと思います。なぜならこのLINEトークは間接的なもの(アイテム)から徐々に直接的なもの(本人)へと褒め方をシフトしているからです。

この方法は恋愛経験豊富なモテる女性相手にもマジで使えるのでオススメします。

相手のペースにうまく合わせて返信する

スマホをいじる女性

「いつ返信すればいいのかタイミングが分からない…」

そう悩む人も多いはずです、僕もモテない当時は悩んでいました。数々の女の子とLINEしてきて導いた答えは、”相手のペースに合わせる”ことです。

こちらがメッセージを送って30分で返ってきたら30分~40分で返してあげればいいです。

女の子によって返信するスピードが異なるので、2日おきでしたら2日おいて返信してみましょう。

そしてだんだんと仲良くなると相手の返すタイミングが早くなるので、それに合わせてLINEしていきます。

なかには、ずっと2日おきだとか1週間あけて送ってくる女性もいます。そこは、「何してるの?」と聞かずに耐えましょう。踏ん張りどころです。

聞いてしまうと「この人余裕ないのかな?暇なのかな?」とマイナスな印象が付いてしまいます。もう気になって仕方なくなった場合は、他の女の子にLINEしましょう。

知り合い程度の女の子にでもLINEしとくと好きな子にメッセージ送りたい心理、欲を抑えられます。

質問ではなく決めつけを意識して実践する

指をさす男

「?」を多用してしまうと質問攻めにあっているようで女性は「私ばっかり…」と嫌になってきます。

そこで便利なのが”決めつけ”です。僕もこれは万能すぎるので、よく会話でもLINEでも多用しています。

「スイーツ好き?」と聞くよりも「スイーツ好きでしょ」のほうがへりくだった感がないですし、決めつけることによって「え?なんで分かったの!?」となります。

人間は魅惑なものに惹かれますので、

(彼は何者なんだろ、ただもんじゃない気がする…)

と一気に相手はコチラに興味を示してくれます。

チェックしておきたいのは、まず最初に決めつける時はボンヤリとした発言をすることです。

誰にでも当てはまりそうな「ディズニー好き」「スイーツ好き」もいいです。よく使うのは”雰囲気”や”オーラ”です。

実際に”オーラ”を具体的にどうLINEしていくのかと言いますと。

男「やさしそうなオーラ出てるよね」

女「え、そうかな?」

男「わりと人に尽くすタイプでしょ」

女「そう!つい尽くしちゃう」

男「尽くすって言いながら、甘えたがりなとこある?」

女「え!?なんで分かるの!」

より決めつけが具体的になり当てはまると、「あーこの人には敵わないわ、見透かされてる」と女性はこちらを無意識にリスペクトしてくれます。

そしたらもう無敵です。こっちからのデートに誘うLINEをしても、この人から嫌われたくない気持ちが働き、ついオッケーしてしまいます。

また他の男子は質問ばかりして、聞いてくる内容なので「おっ、やるやん」とモテない男との差別化もできて一石二鳥です。

後出しで恋愛の駆け引き上手になる

じゃんけんしているイラスト

女性は自分の価値観や考えを共感してもらうことで幸せを感じると言っても過言ではありません。

これは男女問わず一緒です、僕は昔ラブライブにハマっていたので、知っているだけで「うおおおおマジか!え、だれ推し?」ってなります。

好きなものが一緒だと嬉しいように、女の子も好きなことをシェアしたいのです。LINEですと直接、顔を合わせないので後だしをすることができます。

例えば、好きな女性がLINEで話してるとき「化石マニア」が発覚したとします。なぜ化石を選んだのかは自分でもよくわかりません(笑)

こっちの化石の知識は皆無、モテなかった時期の僕であれば100%話題を逸らしていたでしょう。

もし化石(興味のない話題)でエピソードがあれば、

「俺も好き!ちっちゃい頃、進研ゼミのアンモナイト必死に掘ってた!」など使えばいいですが、、

非モテ「化石が好きなんだ!珍しいね!」

テキトーに対応してしまうと「この人とは合わないんだろうな」と女性は萎えます。

せっかくLINEでネタになるものがあるのに、それを使わない手はありません。なのであらかじめグーグルで検索しときましょう。

男「好きな趣味ってなに?」

女「化石が好きなんだよねー」

男…(マジか、、化石とか知らんわ)

と、ここで化石の固有名詞を検索します。

なぜ固有名詞を入れるのかというと、「この人それなりに知ってるんだ、話し合うかも」と思ってLINEしてくれるからです。

男「俺も好き!Tレックス(固有名詞)の化石とか興奮する!」

こうハッタリをかましてLINEするのもアリです。表情に出ないのでバレませんし(笑)

僕の場合は架空の友達を作って、
「おっ!俺の友達にも化石好きがいるよ!」なんて言います。

そうすることによって、多少ミスってしまっても「マジか、友達にわか説ある?」と責任を逃れることができるのでノーリスクです。

また女性の出身が自分の詳しくない地域だったとしても、後だしで調べることによって「たしか○○で有名じゃない?」と話を盛り上がらせることができて、LINEのペースも順調になります。

LINEテクニックのまとめ・総括

いかがだったでしょうか?

このテクニックを上手く活用できれば、周りのモテない男たちより頭ひとつ、いや二つ抜きん出てモテます。しかも、LINEに関わらず日常でも応用できるので簡単だし汎用性も高いです。

これらをマスターすれば、下記の記事のようにバンバン可愛い女性を落とすことができます

読むだけでもかなり学べますよ。

渋谷でナンパして1声かけ目で憧れの清楚系Dカップ


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です