テクニックだけであまちゃん似JDを直カラオケ連れ出し

いまだに松屋で食べたことがなく、昨日はじめて食べて380円?で、牛丼でこの美味しさだったらとりあえず餓死することないなと感じたスマイルです笑

てか最近、
はじめてを更新し続けていて楽しいですw

7月某日。
18時に獅子(新宿)に行き、

アルタ前で待ち合わせ。

獅子師さんから1個コンドームを頂きw

それとめいやーくん氏。
途中ベジータさん3方とも初めて
会ったのですが皆さん優しく接してくれました!

特に優しくない人が過去にいたわけでもないんですけどねw

もともと僕は犬(渋谷)で合流する予定があったので30分という短い間しかお3方と合流できず、コンドーム目当てみたいになってますけど、違いますからね!

ちゃんと時間がないなかでもストはしていました。一応w

しかし新宿はどうも慣れるのに時間がかかりそうな気がします。怖いイメージがあるので…おっかないんですよね。キャッチが多いからか?

そんで18時40分に、

前回の記事ぶりのD氏(大学帰り)と渋谷TSUTAYA前で合流して

本格的にスト開始!

今日は珍しくコンビではなく、
ソロをメインにやりたかったので僕が指名した子にD氏が声かけに行って、それを後ろから僕はみてフィードバックしてあげるようにしました。

1と2声かけ目に
オープンしていたのでD氏の成長スピードに驚きましたw
やべえwwもうオープンしてるw

自分も抜かれないように頑張らなきゃと焦りましたよね。

ていうか、フィードバックしているときに自分も同じことやっていないかと振り返ってみたりするので良い学びになってます。

今回は自分が教えてあげられることを、

一度にガーッとアウトプットしたので

すぐ全部やれるわけではありませんが

反復して取り組んで貰ったり、ぼくも取り組んでいくべきですよね。

なんかキモい文章になってる気がするので崩しますw

D氏は翌日の学校グダで
22時に解散となり、
トイレ行って帰ろうかなと
思ったのですが、そういえば今日
全然ナンパできてねーやと思い

久々にソロで終電までやってみよとなりました。

センター街のなかのファミマ前に立ち寄ると、好みのハーフ子が通りかかったので声かけ。

バンドをしていてボーカル子から「絶対ライブ見にきて」言われて待ち合わせグダで仕方なく番ゲ。
そしてまたセンター街に戻って

ターゲット探し。
もうこの時間帯になってくると

一人で歩く女も多くはない、2人組ばっか。

だから、最近コンビナンパすることが多いのかもしれない。

やっぱナンパするならコンビだよなーとか思って自分の何となく正当化させたかったのであろう。すると?

ポツンと一人でトボトボ歩いている女の子を見つけた。

明らかにこの街で浮いている、そんな感じがして直感的にチャンス!て思った。

「おっす、おつかれー」

話してはくれないが、顔はこっちを向けてくれているので話は聞いてくれてるであろう。

顔は目がぱっちりしてて鼻筋もキレイ。
んー誰か似てるなと思ったら、能年玲奈そっくり。

こりゃたまげたww

茶髪の能年玲奈だ、
こっからはレナと呼んでいきます。

レナは今から待ち合わせをしているわけでもなく、こっから何するかと聞いても教えてくれなかった。

ただ夕飯は食べていないとのことだったが、なかなかお店に入ってくれる雰囲気がない。

ここで
ダブルバインドの心理テクニックを使って

ダブルバインド…二つの矛盾した命令を受け取った者が、その矛盾を指摘することができず、しかも応答しなければならないような状態(yahoo知恵袋より)

「これからマック行ってダラダラするよりかは、ドトールでちょっと食べてすぐ帰ったほうがよくない?」

いや勝手に死なすなてww

まあ本当にイヤであればブンブン首を振るか「どっちもヤダ」なんて言うもんだけど選択肢を与えられて迷っているのか?

ならこっちから仕掛けよう!!

魔法カード発動!!

エネミーコントローラーッ!

このターンだけ相手の主導権を握ることができる!

↑←↓→A←→BA(てきとーコマンド入力)

決死の覚悟で進行方向とは違う向きに歩く!

そしたら付いてきたではないかっ!!

うおおおおお!!!!

いや待て、ということは。

この子はあまり自分で選択するというのが得意ではない、つまりこっからカラオケに行くことだって可能!

「カラオケの飯って、意外と美味いんよ(知らんけど)食べたことある?」

「うーうん」と首を振る。

「でしょ!?カラ館と歌広の2つ比べると歌広のほうが美味かったりするんだ(安くしたい)行こっ!」

コクリと頷く。

フゥン!!これは押しに弱い感じだ!

てことで直カラin !!!

つづく…


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です