日サロを渋谷のSOLEで25分だけ焼けばモテる男になる!

こんにちは、恋愛コンサルタントのスマイルです。

今回、渋谷にある日焼けサロン「SOLE」というお店で25分間、肌を焼いてきました。

店舗→『日焼けサロン 渋谷 日サロ SOLE | 日焼けサロン タンニングスタジオ』 

はじめて日サロに行くときって

「怪しい店だったらどうしよ…」

「イカツイ恐い兄さんが案内人だったら…」

「どれくらい焼けるもんなの?肌とか荒れたりして…」

「部屋がめちゃくちゃ汚かったりしたら…」

といった不安を抱きますよね…?

僕も行く前はそうでした。

しかし渋谷の日サロ「SOLE」は、そんな疑いを晴らしてくれたのです。

この記事を読めば、
日サロに対する不安を取っ払い、
肌を焼くことでモテる男の仲間入りができます。

渋谷の日サロSOLEに行ってみた評価

結論から言いますと、

「めっちゃ安かったし、中キレイだし、かなり快適に肌を焼くことができた!」

不安に思う必要性は皆無でしたw

ただ急に押しかけても部屋が埋まってる場合があるので事前に予約はした方がいいです。

ドキドキしながら渋谷の宇田川のビル8階にある日サロ「SOLE」に入店したんですけど。

お店の雰囲気もいいですし、
初心者の僕でも肌黒の若い姉さん
やさしくていねいに案内してくれます。

最初は住所や年齢、職業など
必要事項を2分くらいで書きます。

そのあとに先払いなので料金を払います。

忙しくても終わったらスグ帰れますね。

支払いをする前にお店のLINE@に登録すると、通常25分は3000円+500円(ポイントカード発行)なのですが…

1500円に!なんと半額以下!!

これはお財布にも優しいですねー。

 渋谷の日サロSOLEの無料サービス

お姉さん「今回はじめてということで、最初は20分がオススメです」

短い時間から馴染んでいくことで日焼けの下地ができるみたいです。

いきなり長時間(30分)にしてしまうと肌が荒れやすくなるので、僕は中間の25分を選びました(天邪鬼w)。

そのまま日焼けする場所に移動かなと思ったら、どうやら無料サービスがあるらしく。

・肌を保湿したり、かぶれにくくする(肌を守る)ジェル←4回通いまで無料。

・いい匂いがするボディシャンプーと髪シャンプー、コンディショナー(毎回貰える)

・フェイスタオル(任意)

・ワックス(任意)

・ヘアバンド(任意)

他にもサービスがありましたが女性向けのサービスです。

上記のジェルとシャンプー2つはセットで貰えて、あとフェイスタオルだけ貰いました。

そして日焼けマシンのある部屋に移動します。

青々しいですねw

部屋に入っても別に変な匂いもしないし、とても清潔でキレイでした。

写真でキレイさが伝わるか分からないですが近未来SF感がすごい(笑)

持ってきた荷物もカゴに入れて、
パンツ一丁になります。

見るからにガリガリですねwww

そしてパンツも脱いで最初に
サービスでもらったジェルを全身に塗りたくります。

くまなく顔にも塗ります。

そしてようやく日焼けマシンに突入。

頭部にあるインターホンを押すと、
お姉さんが「それでは始めます」と言ってくれます。

なにか不満な点があれば、
インターホンから質問もできるので安心です。

それではレッツ日焼け!!

ゴゴゴゴゴと鳴り響きながら
眩しい蒼い光が肌を照らします。

おおおおおお焼けてる焼けてるううう

熱すぎると思ったら、
自分で風の調整もできます。

顔だけにブオーって風を送ることもできれば、全身に送ることも可能です。

風がないほうが日焼けしやすいと聞いたので僕は風は「無」にしました。

ラジオからさざ波のBGMも流れて、
「ザバーン、ザバーン」
リラックスできて快適です。

渋谷のSOLE、日焼けサロン中に注意したいこと

さすがに25分間、さざ波だけだと退屈です。

ただスマホで音楽とかyoutubeを流したり、
無線イヤホンがあれば退屈にはならないかなと。

あと背中の汗と一緒にジェルがマシンに着いて、背中とマシンが密着状態になったままなので肌が焼かれるので背中とお尻が痛くなります。

でも大丈夫!

手元に置いていたフェイスタオルで、
マシンについた汗を拭くことができます。

汗も拭けて、マシンに付着する水滴も処理ができるのでフェイスタオルは必須アイテムです。

これで痛みからも解放、楽チン。

ただコンタクトしたまま日焼けマシンに入ると、瞼を閉じていてもカピカピになるので裸眼でやることをおすすめします。

あとでコンタクトを付けた方がストレスなく日焼けサロンできます。

(カピカピの状態で目薬を差す爽快さはありますけどw)

テラッテラの日焼けマシンから解放

日焼け25分が終了すると、お姉さんが「終わりでーす」と知らせて自動的に終わります。

全ての荷物を持ったらシャワールームに移るのですが、ここで忘れ物をしてもカギがロックされていて戻れません。

最悪、忘れたとしても中に受話器があるのでそこからスタッフと連絡をとることができます。

そして汗だくの状態でシャワールームに入り。

(問題なくキレイ…。)

冷たいシャワーでジャーッと身体に付いてる汗を流します。

うおおおおおおおお

爽快MAX !!

めちゃくちゃサッパリしました。

バスタオルも用意されていて、身体を拭いたら次の「afterジェル」を塗ります。

これで肌がかぶれたりヒリヒリするのを防止できるらしいです。

ミントのような香りもいいし、これ単体で欲しいかも。

ドライヤーもありワックスもサービスで貰えるので、ここで髪のセットもできます。

髪もセットできて、
身体もほのかにいい匂いするし、
肌も焼けてカッコよくなるし、
日焼けマシンの光を浴びてエネルギッシュになる。

ここからデートやナンパに行けば、成功率も高くなるのではないでしょうか?

渋谷の日サロSOLEに行ってみた結果w

では気になる焼く前と焼いた後の変化です。

これが肌を焼く前の僕の身体です。

ちょっと暗くて分かりにくいですが、真っ白ww

で、焼いたあとの僕がコレ。

わりと焼けたんじゃね?って感じ。

まだ25分の1回目だからというのもあって気持ち程度の焼き具合になります。

多少アクティブ感もでて、病弱感は抜けてきましたね。

次回もまた25分1500円だから、安いし学生にホント優しいですね。

サービスで貰ったコンディショナーとか使ってなかったけど、持って帰っても大丈夫らしいので家で使ってみます。

渋谷の日サロSOLEの神サービス

スマイル「終わりましたー」

お姉さん「はーい、お疲れ様です。お飲み物はいかがなさいますか?」

スマイル「あっ、それって金かかります?」

お姉さん「いえ無料ですよ^^」

なんだって~~!!!

ちょうど喉カラッカラだったんよ!!

最高かよ!

お姉さん「こちらから、お好きなのを選んでください^^」

コーラ一択!!

(一気に飲みほしちゃいましたw)

冷たいおしぼりも出てきたし、お客さんのニーズがわかってらっしゃる。

ちょっと疲れてもソファーでゆっくり休憩できるので満足ですね。

渋谷の日サロSOLEの感想

僕はアレルギー性皮膚炎で肌が弱いです。

気になる肌荒れですが、それでも服が肌に擦れるとこが少しかゆくなる程度で大丈夫でした。

肌に自信なくても風で調節できるので、まあ大丈夫かなと思います。

ただ試しに1回やってヒリヒリするようだったら遠慮した方が良いです。

日サロになぜ行くのか?メリットとは?

僕が日サロにいった理由は、2つのメリットからです。

1つ目は、「女の子からモテる」から。

とくに僕は、ここずっーとパソコンの作業や夜のナンパばっかで肌が真っ白すぎて、ついに女の子から「メシ食ってる?ちゃんと血通ってんの?」なんて言われました。

今までガリガリをネタにしてきて女の子を抱いてきましたが、もっとモテたいので病弱キャラから抜け出そうかなと思います。

しかし今さらステーキばっか食っても金かかるしすぐに効果が出るわけではありません。

なので日サロに行くことによって、すぐに効果も出て健康そうに見えるとのことで行きました。

しかも周りを見渡してみてもモテる男は肌を焼いていることが多いです。

なぜ女の子は肌が焼けている男が好きなのか?

それは、「漢らしい」「アクティブ」という印象があるからです。

少なくとも肌が焼けてることで、「この人、病弱っぽいな…弱そうだな」とは思いません。

逆に肌が白いと、「陰キャ」「脆弱」のような貧相なイメージが付いてしまいます。

なので今回、僕は”渋谷にある「SOLE」という日焼けサロン”に行ってイメージ改変してきました。

次に2つ目は、「時間の節約」です。

いざ肌をナチュラルに焼くと時間がかかります。

太陽がサンサン照っている夏のシーズン。

海やプールや野外に遊びに行くか、ベランダで日向ぼっこで焼くしかありません。

焼けても水着で白く残ったりもします。

しかし、日サロであればたった20分を週に1回いけばスグいい具合に焼くことができます。

普段、忙しくて遊ぶ予定がなくても、夜の活動が多い僕にとっては「短い時間で肌を焼くことができる」のはかなり嬉しいです。

しかも4回通うまで、ほぼ半額で通えて安いし、時間も節約できてモテるなんてコスパ良すぎです。

帰り際、肌の焼けた可愛い小柄のギャルもいたし、穴場なナンパスポットかも?

肌を焼いて女子からモテたい方はぜひ行ってみるといいです。

また肌の焼け具合なんかも随時、更新していこうと思います。


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です