ネトナンで夢を叶えた!会って1時間で即!

そして迎えた
8月2日。

この日は何の日でしょう?

そう、かの有名なHUBの日です。

そこまで有名じゃなかったらスイマセンw

対象の商品が半額になってました。

ガヤガヤうるさかったり、
席がないのを心配していたのですが、
他のお店の予約をしていないので
仕方ありません。

予定より1時間前に着いて
待ち合わせの場所から
HUBの位置、ラブホへの道順、
グダられたときの回り方を確認します。

これでもかと入念にしました。

変なとこで絶対にミスる訳にはいきません。

たぶん今回、即れなかったら
ずっと即れない。

そんな気がしました。

新宿のアルタ前に
電話で連絡して、
19時に待ち合わせをすることに。

どうしよ…
めっちゃ可愛くなかったら…

想像以上にブスだったら帰るか?

そんな不安を抱きながら
まだかまだかと15分待っていて
顔をふと見上げると、

(こんなあざとくないですけどw)

一人のスーツ姿の女性と
目が合いニッコリ笑ってきました。

スーツって何かエロくていいですよね。

『面接行って、スーツ姿のまま向かう』

そうLINEで言っていたので、
リエ子なんだ、と安心して
僕もニッコリ

「え~私が気づいちゃったw」

「な!電話して、あれ?リエ子どこ?ってなると思ってたのに」

「それそれw」

「んじゃ、とりあえず面接おつかれ!」

そしてHUBイン!

運よく2人席も空いていて、
そこまで混んではいません。

ジントニック2杯、
フィッシュアンドチップスを頼んでも

1180円!!

安い!ありがてえ!!

そして会話の内容は、
オナニーをしろと脅してきたやつの話になり。

その後は、
今まで経験してきた男の話を聞いてました。

リエ子が飲んでいるとき、
その姿をずっと眺めていたので

「なんでずっと見てんの?恥ずかしいw」

と、可愛い一面も見してくれましたw

1杯目が飲み終わったので、
2杯目を一緒に頼もうと並んでいる間。

僕はリエ子の腰に手を回します。
ノーグダ。

次に肩を抱いてノーグダ。

ついに僕のスマイルも
盛り上がってきました。

僕について尋ねてきたので、
サインだなと思い軽く流して。

あとはリエ子が、
2杯目を飲み切るのを待つだけでした。

グラスが空いたと同時に、彼女はトイレに行き。

帰ってきたと同時に、

「そろそろ行きましょ」

入店して1時間でHUBから出ました。

「段差に気をつけて」

エスコートするように
手を差し伸べるものの繋いでくれず。

へこたれずに再度、
階段から降りる時に
僕は何も言わず、
手をパッとして差し伸べました。

「この握り方が好きなん?」

「えーだってこれしかないじゃん」

恋人繋ぎしてきました。

今までのような、
握力を全く感じないような
繋ぎ方ではありません。

ちゃんと握ってくれてる!!

感動ですよね、
もうここで泣きそうでしたw

あとは徒歩3分でラブホに向かうだけです。

「そういえば手つなぐのが一番好きなんだっけ?」

「うん、セックスより好き!最高w」

「言ってたね。そういえばw
てか手冷たっ!!」

「そう俺めっちゃ手冷たい、死んでるかもw」

「死んでるの?ゾンビ?」

「ゾンビwゾンビww
どうする?この姿、父さんに見られたら」

「えー」

「もう俺は速攻で逃げる、死にたくないんでゾンビだけどw」

「困るww」

・・・(そろそろホテルを意識させなきゃ)

ドキドキ…

「そういえば、この前ふたりで一緒に寝れたらいいよねって言ったじゃん」

「うん?」

「それやりましょ」

「え?ちゃんと言ってくれなきゃ分かんない」

「じゃあこのなかに父さんいるので謝りに行きましょかー」

「やだw怖いー」

ラブホin !!!

「え~すごいキレイ!!」

部屋も運よく空いている!

受付「待合室で5分お待ちください」

たまらず待合室で

キス!!

よっし!これはもう

獲ったどおおおおお!!!

部屋に移動、
めっちゃテンション高くなる。

「シャワー浴びる?」

「浴びなーい」

(;゚Д゚)ハァ!!?

「え…キレイな身体のほうがよくない?」

「今日べつにそんな汗かいてないし」

「お、おう。じゃあ俺浴びてくるわ」

普通、逆じゃない!??ww

おっ、バスローブみっけ!!

「ほいっ!」

「えっなに!?」

「それ!」

「着替えろってこと?」

「んまぁ~そ、ソダネー」

慣れないことしてキョドるw

そしてシャワー浴びて、
身体拭いて

ベッドイン!!

バスローブ脱がして、
リエ子の水色、

下着姿…

ブラ、、

どうやって外すんすか!先輩!??

リエ子に背中を向いてもらい
ホックを外す。

やった!外せた!!w

そして一緒に寝っ転びながら
キスをちょいちょいっと
焦らしてくれずベロチュー。

そして、おっぱい揉んで
しみけんの動画で習った
手マン。

「ん、あっ!んっ//」

トントントン

「ふぁっ//はっ、んー♡」

「だははははwwww」

なぜか笑いが込み上げてしまったw

「なんで笑うのっ//」

「ごめんw何でもないww」

嬉しかったんですよ、
手マンが効いてる!と思ってw

(ここがザラザラか…)

(これが濡れてるってことか…w)

なるほど、なるほど…

手をスッと戻し、

僕のバッキバキのスマイルに
コンドームを被せて。

リエ子の股を広げさせ、
ついに…この時が来ました!

走馬灯のように、
これまでの思い出が蘇ります。。

  • 大学の子とヤレても前戯でイって挿入できず
  • その後は連絡すら届かなくなり
  • クラブでキスやDキスしてもラブホに連れ込めず
  • ホテルに誘われると思わなかったと言われ
  • 度重なる処女に行く手を阻まれ
  • ラブホの部屋が空いていなくて入れず
  • 部屋に入っても拒否られ全額払って一人宿泊

いくつものチャンスを逃し、
失敗し続けて、、

もう自分は悟るしかないなと
ガチで悩んだりもしました。

しかし、
僕は女の子を諦めません、
女の子が好きだから。

継続は力なりですね。

ていうことで!!
そっ!…

(あれ?入らない…ちょ、え?)

(全然、入り口見えない、、
待ってションボリしないで!!
チングダだけはやめて!)

シコシコ…

(せーの、えいっ!
ダメだ、、擦りつけてるだけだww)

スルスル…

「え?入んないの?」

「あれ、おっかしーな」

「遊んでそうなのに、
もしかしてそんなに遊んでなかった?」

「うん、全然マジメ」

「経験は?」

「い、一回だけ。
でもそのとき入れてない」

「ほんとに?w」

「うん、、」

「どうして欲しい?」

・・・

「練習台にしていいよ♡」

うおお!女神が!!女神が!

降臨したでー!!!

「バックで!」

「はい♡」

み、見えるぞ!!
手で入り口を確認しながら…

それでは失礼します!

即!!

あんっ♡あん♡あんっ♡

よし!ここから
しみけんから習った
正座バックに移動!!

僕の足を外側に、
リエ子の足を正座にさせ…

ポロン♪

「あーっ…」

せっかく入ってたのにww

もう正座バックは諦めて、
念願の騎乗位!!

あっ、これスゴイ…!!

 

スマイル
「アァァァァァァアアアアアア!!!」

ドピュッ♪

2回戦は、
お風呂で僕が下になって
浮力に助けられ、
溺れそうになりながら腰を動かしました。

最終的に、
立ちバックで終了したんですけどw

そんで橋本ありなと、
天使もえのAVを見ながら
再度、正常位チャレンジしたんですけど

ダメでしたww

感想。

でも楽しかったですw

リエ子
「こんなに経験ない人はじめて逆に教えてあげようか思ったもん」

次回は、
正常位をちゃんとしたいですねw

自信を与えてくれた、
リエ子ありがとう!

そして、

いつも読んで下さっている方に、
やっと即報を伝えられて
めっちゃ嬉しいです!

応援してくださったり、
サポートしてくれた方には
感謝しかないです!!

本当にありがとうございます!

感極まります。。

でも最終回ではないですからね?w

これからナンパ力を鍛えて、
もっと魅力的なモテ男を目指します!!

乞うご期待!では!!


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です