クラブに入る10分前に仕掛ける男

今回は、
渋谷のTKというとこに行きました。
はい、そうです!クラナンです!!

女物のシャンプーて
何であんなに香りがいいんでしょうかね?

男もあんな感じで良いと思うのですが、
とふと感じたスマイルですw

本当はクラナンに行く予定なんて
微塵もなかったですw

7/29(土)の
隅田川の花火大会が
中止?になって渋谷に
人が溢れているにもかかわらず
傘は持ってない、履いてる靴は水に弱い。

諦めて、帰るしかない・・・

渋谷に行っては最寄りまで帰って
「雨止んでるじゃんw」
と思って向かったら、

また降ってと・・・

もういい加減にしろ!

腹減ったし帰るぞ!!

クラナンするメンバー紹介

と最寄りから帰っていく途中、
ヨーダさん

からラインが来て。

ヨ「クラブ行くけど合流しない?」

いやいやw
腹減ってるし、今何時よ?
21時30分ですよ??ww

ハッハッハww

よっしゃあああああああ!!!!

ってことで、
渋谷に0時に待ち合わせで
ヨーダさんと、今回の頼もしい
助っ人さん(レジさん)※詳細は後ほど

なんやかんやで0時50分に
センター街で合流しましたww

50分の間に僕は、ずっと
タップルでメッセージを送っていましたw

めちゃくちゃ年上なのに(ヨーダさんが)
凄い謙虚で深すぎるほど謝ってくれて
周りから愛されてる方なんだなと
ビシビシ感じました。

お詫びとして、
クラブに入る前に居酒屋で
一杯ごちそうになりましたw
ありがとうございます!

気になる助っ人さん
レジさんの紹介を
ここでチラッとしておきましょう!!

もうひとことで言えば、
イケメンですね。

佐藤健だと思ってくださいw

正直出会いに関しては何不自由ない

モテて人生イージーモードを体現している人やんけ!!

と普通なら嫉妬しちゃうようなお方です。

イケメンと言えば

中身何てスッカラカンなんでしょ?

なーんて思われがちですが、
性格も気さくで、めちゃめちゃ
褒め上手なので惹かれちゃいますw

レジさん
「あれセックスはまだできてないの?」

ス「挿入はできてないですね、前戯で終わってます」

レジさん
「それはセックスとは言わないね」

「よし!今日はホテルまで連れてったる!!」

めっちゃカッコいいんですけど!!

惚れるw

クラナンの前にキス!?

はい!ていうことで
そっからヨーダさんから
0.01のコンドームを頂き
(ありがとうございました!)

TK(クラブ)に入ると見せかけて
佐藤健似ことレジさんがZARAまえの
バス停に座っている女3人組に声を掛け!

しかもそこには
2人の男がナンパをしていて
え?これは逆5になるの?ww

レ「もうバス来ないよ?何してんの??」

2人の男を無視して話しかけるレジさん。

やべえww

そして何故か
レジさんは1人のイカツイお兄さんと

レ「お、なんだ?」

お兄さん「なんだ?」

ダチョウ倶楽部みたく

キス。

レ「いや避けろよww」

コミュ力高すぎてチビりそうw

そしてヨーダさんと僕も加わって
男2人を追い払い3人の女から全員とLINE交換。

ヨーダさん
「なんであそこに声掛けに行ったの?w」

レジさん
「いやブスがナンパしてるとこ見るとイラつくじゃんw」

そんな理由かよww

これは頼もしすぎる、

戦闘値が計れねえ。。

「ワクワクッすっぞ!!」

クラナンへGO!!

そしてようやくTKにイン!

このために作ってきた
マイナンバーカード!

黒人のセキュリティさんに渡しても
もう何も怪しまれないもんな!!

黒人「・・・」

スマイル「・・・?」

マイナンバーカード返してくれない…

サッ(僕が取ろうとする)

サッ!(黒人かわす)

(;゚Д゚)(僕)

スッ(渡される)

なんやねん!!クソ焦ったわw

入場する前から早々舐められるとか
セルフイメージ下がるだろうが!!w

前回、初めて来た時より
かなり人数が多い。さすが土曜日。
ありがとう雨降ってくれてw

そして全ての支度が整い、
テキーラでカンパーイ!!

さあ!いざ戦場へ!!

ざっと見た感じ、
どこもかしこも男、男、男。

ライバルがめっちゃ多いww

少し地蔵気味にはなるものの
ヨーダさんの掛け声から
ギャル2人組に僕とレジさんでアプローチ。

オープンしないはずがない。

ギャルA「全然飲んでないじゃーん」

スマイル「はあ!?余裕だしw」

ギャルA「はい!はい!はい!はい!」

グラスを無理やり口元で傾けさせられる。

ペース早い早いwww

ギャルA「イエーーーイ!!」

スマイル「フゥゥウウウ!!」

しかし和み切れずに
ギャルたちはアトム(別のクラブ)に
移動する言って放流。

いつの間にか、レジさんは
謎のベレー帽お兄さんと

※イメージ

楽しんでいたので、今度は
僕とヨーダさんでコンビを組む。

JDくらいの女2人組がいて
「飲もうよ!」と誘い、
「何飲むの?」と聞かれる。

ス「えぇ…じ、ジントニック?」

気が強い女A
「ハア⁉テキーラだろ!テキーラ!!」

マジかよ…

ス「あぁん?あったりめえだろうがああ!!」

女A「ビビってんのか?w」

ス「てめえがビビってんじゃねえのかあ??w」

女B「www」

っていうことで、
テキーラ奢リーノ

カンパーイ!!

女A・B「まっずww」

なぜ頼んだし…

気の強い女Aに腰を回すと
相手も僕の腰に手を回してきた。

おお!?これは初めてのパターン!!
反応ありか??

ゴックン…

ヨーダさんも光る棒を持ちながら再び参戦。

しかしヨーダさんと
僕はポールダンスを見入ってしまうw

そうしてる間に女の子はどっか行ってしまった。

ヤバい!普通にクラブを楽しんでる場合じゃねえ!

次回の話→『クラブで女性と10秒でキス!エロい女を見極めるには?』


-------------------------------------------------------
僕も最初は女の子と話すのにキョドって口をアワアワするだけでした。  
しかし恋愛を学んでしまったら
「なんだこれチートすぎるやろ」って
感じで女性との出会いも困らずに日々充実しています。

一度きりの人生、パートナーを選びは死ぬほど重要ですよね?

ところが、大半が妥協してしまってる人がみてて多いです。それは相手に対しても死ぬほど失礼だと思っています。

僕はブサイクでガリガリのコミュ障でしたが、
誰もが見返る美人を彼女にすることができました。

喋りに上手いもクソもない、
恋愛を基礎から徹底的に学べば
目先の童貞卒業も余裕だし
好みのタイプの女性を彼女にすることができます。

非モテのオタクだったスマイルが、どうモテていったのか?
その全貌を公開しています。
出会いないって言い訳してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です